プロフェッショナルプレゼン。 相手の納得をつくるプレゼンテーションの戦い方。

前表紙
インプレスジャパン, 2008/09/12 - 208 ページ
◆広告のプロのプレゼンが“通る”理由。

話す側の目線でプレゼンにのぞむから「通らない」と嘆くことになる。
プレゼンは自分の場ではなく、相手の場だ。
チーム・マイナス6%やアサヒスーパードライをはじめ、
数々の大仕事を実現させてきた博報堂の名クリエイティブディレクター小沢正光が、
35年のキャリアを通じて培っ「プレゼンのやり方」を公開。
自分ではなく他人にやってもら「リハーサル」、プレゼンを支配す「3つの言葉」など、
準備から組み立て、現場での戦い方にいたるまで、
ベストセラーとなっ「プロフェッショナルアイディア。」に続く、
小沢正光「プロフェッショナルシリーズ」第2弾。

【著者】小沢正光(おざわ・まさみつ)
株式会社博報堂常務執行役員
エグゼクティブクリエイティブディレクター

1951年埼玉県生まれ。東京教育大学文学部哲学科卒。株式会社博報堂入社後、第二制作局グループヘッド、MDU(マーケットデザインユニット)第一制作局グループヘッド、株式会社博報堂シーアンドディ代表取締役兼クリエイティブディレクターなどを経て現職。
ビール業界で不動の地位を確立し「アサヒスーパードライ」のほか、日産自動車、アップル・コンピュータをはじめとする多数の企業のテレビCM、新聞広告、雑誌広告などの企画制作やブランディングを手がけた。

◆目次

第1章プレゼン「準備」。
第2章プレゼン「組み立て」。
第3章プレゼン「現場」。
第4章プレゼン「学び」。
あとがきプレゼンは共同作業の場である。

発行:インプレス

レビュー - レビューを書く

プロフェッショナルプレゼン。 相手の納得をつくるプレゼンテーションの戦い方。のMori Jirouさんの感想・レビュー

ユーザー レビュー  - Mori Jirou - 読書メーター

博報堂の小沢さんの本。多数のプレゼンの経験から、クライアントが納得する方法論などについて書いています。 レビュー全文を読む

プロフェッショナルプレゼン。 相手の納得をつくるプレゼンテーションの戦い方。のしろちささんの感想・レビュー

ユーザー レビュー  - しろちさ - 読書メーター

淡々。ウケを狙わず、論理的に。そんなプレゼンスタイルを求めてるところにはばっちりはまるんだろうなぁ。わたしにはちょっと味気なく感じられた。もっとわくわくするプレゼンが好き。だからこれはやっぱり好みもあるんだろうな。部屋に入る前に心の中でつぶやくという「う ... レビュー全文を読む

他の版 - すべて表示

書誌情報