世界の歴史をカネで動かす男たち: 国際エスタブリッシュメントの金融支配

前表紙
成甲書房, 2005 - 252 ページ
0 レビュー
「プラザ合意」から「金融ビッグバン」、そしてついには「郵政民営化」...なぜ日本経済はかくも翻弄されるのか?その根本原因を暴く重要書を初邦訳。

レビュー - レビューを書く

世界の歴史をカネで動かす男たちのmutuさんの感想・レビュー

ユーザー レビュー  - mutu - 読書メーター

タイトルに惹かれて、読み始めたものの、途中を飛ばして、結局、1年ぐらいたった今は、ほとんど残っていません。 レビュー全文を読む

書誌情報