スカル&ボーンズ: 秘密クラブは権力への通路

前表紙
成甲書房, 2004 - 253 ページ
本書で述べることは、スカル&ボーンズについての真実である。そしてもしこの事実に、スカル&ボーンズ伝説から生まれた陰謀の要素が含まれていないなら、それはそれでかえって面白いかもしれない。スカル&ボーンズの物語は、単なる驚くべき秘密クラブの話ではない。秘密を持った驚くべきクラブの話なのだ。笑止千万の八百長デタラメ大統領選を演出した秘密組織、その実像がついに明らかになる。

レビュー - レビューを書く

スカル&ボーンズ―秘密クラブは権力への通路のmutuさんの感想・レビュー

ユーザー レビュー  - mutu - 読書メーター

あまりに衝撃的な内容。そういえば、初めてCIAの麻薬ビジネスや、洗脳研究機関MKウルトラを知ったときに似た衝撃があった。今一度、読み返してみたい本である。 レビュー全文を読む

書誌情報