3D立体映像表現の基礎基本原理から制作技術まで

前表紙
株式会社 オーム社, 2010 - 193 ページ
3D を取り巻く状況が急速に活発化している。3D ディスプレイ技術の発達に加えて、映画館のデジタル化、コンテンツ制作技術の高度化が続き、本格的な普及へ向かっている。しかしハリウッドの3D コンテンツ制作技術に比べて、日本のコンテンツ制作技術・体制は整っておらず、課題は多い。本書は、3D コンテンツの制作に関わる基礎知識から最新の制作技術・体制までを解説したバイブルである。
 

レビュー - レビューを書く

レビューが見つかりませんでした。

ページのサンプル

他の版 - すべて表示

多く使われている語句

書誌情報