逃げる公家、媚びる公家: 戦国時代の貧しい貴族たち

前表紙
柏書房, 2011 - 268 ページ
0 レビュー
クチコミの確認は行っていません。しかし、Google では虚偽のクチコミをチェックし、虚偽のクチコミが見つかった場合は削除します
命が大事か、家か、それとも金のためか?天皇を京都に残して、地方へ脱出。朝廷の仕事もサボタージュ。乱世を生き抜く非武装の男たち。

レビュー - レビューを書く

レビューが見つかりませんでした。

書誌情報