地球の支配者は爬虫類人的異星人である

前表紙
成甲書房, 2007/09/30 - 283 ページ
ニューワールドオーダー(新世界権力)を邪悪に推進する勢力イルミナティとは何ものなのか。今、日本民族の前にその正体が見え始めてきた。彼らの中核は、爬虫類人的異星人の地球侵略軍である。この異星人の戦略目標は、地球をまるごと彼らのグローバル・プランテーション、世界人間牧場とすることである。信じられるか?という疑義、信じたくない!!という恐怖、レプティリアン奇説に太田文明評論が挑む。

レビュー - レビューを書く

地球の支配者は爬虫類人的異星人であるの宮下誠崇さんの感想・レビュー

ユーザー レビュー  - 読書メーター

なかなか面白かった〜(*´ω`*) レビュー全文を読む

地球の支配者は爬虫類人的異星人であるのたかっちさんの感想・レビュー

ユーザー レビュー  - たかっち - 読書メーター

わたし、無事でいられるか!? レビュー全文を読む

書誌情報