マンガでわかるナースの統計学(第2版): データの見方から説得力ある発表資料の作成まで

前表紙
株式会社 オーム社, 2020/09/19 - 272 ページ

統計学の基礎知識と効果的な研究資料作成のコツをマンガでわかりやすく解説!

新人〜入職数年目のナース(看護師)の方々が、「研究発表」を楽に行えるように、統計学の基礎知識と研究発表までのプロセスをマンガを使ってわかりやすく解説します。練習問題付き!


このような方におすすめ

・新人〜入職数年目の看護師

・医療・看護に従事している方

・看護系の学生

・統計学を教える先生


主要目次

第1章 研究と統計学の関係って?

第2章 データを集めよう

第3章 表・グラフを作ろう

第4章 看護研究で使う基本的な検定

第5章 平均値の検定

第6章 ばらつき・関連について考える

第7章 統計の有段者を目指すには

第8章 発表のコツと発表資料の例

付録A ケイコのアンケート調査研究結果の分析例

付録B エクセルの裏技

付録C 練習問題・解説

 

レビュー - レビューを書く

マンガでわかるナースの統計学 -データの見方から説得力ある発表資料の作成まで-の秤さんの感想・レビュー

ユーザー レビュー  - 秤 - 読書メーター

ナース向けに統計学の基礎知識をマンガで説明した本。前半はデータの種類から始まり、カイ二乗や正規分布などのオーソドックスな事項についてですが、後半では多変量解析や回帰分析、生存時間分析などについても触り程度に触れられてい ... レビュー全文を読む

目次

第1章研究と統計学の関係って?
7
1 納得させるには統計学
8
2 2 つの統計学
12
3 研究の考え方のコツ
19
第2章データを集めよう
31
1 上手なデータの集め方
32
2 変数の種類
42
練習問題
52
1 分散分析
169
2 散布図を描く
175
3 相関係数とその検定
178
4 相関係数の注意点と対処法
181
5 関連を指す指標
186
練習問題
188
第7章統計の有段者を目指すには
189
1 回帰分析
192

第3章表グラフを作ろう
53
1 表の作り方
54
2 グラフの作り方
62
練習問題
68
第4章看護研究で使う基本的な検定
69
1 カイ2乗検定
74
2 カイ2乗分布
82
3 期待値の求め方
91
4 統計的仮説検定の考え方
97
5 カイ2乗検定の仲間
100
練習問題
111
第5章平均値の検定
113
1 正規分布
117
2 標準偏差
119
3 基本は標本平均の分布
128
4 z検定
134
5 t検定
138
6 F検定
144
7 対応のあるt検定
149
8 ウェルチの検定
152
練習問題
163
第6章ばらつき関連について考える
165
2 重回帰分析その他
196
3 主成分分析
199
4 コレスポンデンス分析
204
5 共分散構造分析
209
6 因子分析
213
7 ロジスティック回帰分析
218
8 生存時間分析
221
練習問題
228
第8章発表のコツと発表資料の例
229
1 データ解析べからず集
231
2 抄録作成のヒント
236
3 発表のコツ
239
4 論文の書き方
243
付録
249
付録A ケイコのアンケート調査結果の分析例
250
付録B Excelの裏技
253
付録C 練習問題の解答解説
258
参考文献出典データ
261
索引
262
奥付
265
著作権

他の版 - すべて表示

多く使われている語句

著者について (2020)

田久浩志(たきゅう ひろし)

1978 年4 月 慶応義塾大学工学部電気科卒業

1980 年3 月 慶応義塾大学工学研究科電気専攻修了工学修士

1980 年4 月 産業医科大学共同利用研究施設振動室

1989 年9 月 東海大学医学部病院管理学教室

1992 年5 月 東邦大学医学部病院管理学研究室

1993 年6 月 博士(医学)、東邦大学

2000 年4 月 中部学院大学短期大学部経営学科 教授

2001 年4 月 中部学院大学人間福祉学部健康福祉学科 教授

2007 年4 月 中部学院大学リハビリテーション学部理学療法学科 教授

2013 年4 月 国士舘大学体育学部スポーツ医科学科 教授、国士舘大学大学院救急システム研究科 教授

専門は医療統計、医療管理学。保健・医療・福祉分野でのビッグデータの解析を専門とし、特に救急分野でのよりよいサービス提供の方法を研究している。

受賞歴:

SAS User's Group International Japan 功績賞(1999)

ERC Congress 2010, Porto, Portugal Best of the Best 受賞(2010)

ERC Congress 2018, Bologna, Italy Best of the Best 受賞(2018)

小島 隆矢(こじま たかや)

1990 年 東京大学工学部建築学科卒業、同年 東陶機器株式会社入社

1992 年 東陶機器退社

1993 年 東京大学大学院工学系研究科建築学専攻修士課程入学

1997 年 博士(工学)、東京大学大学院工学系研究科建築学専攻助手

2000 年 建設省建築研究所 第一研究部 研究員

2001 年 独立行政法人建築研究所 住宅・都市研究グループ主任研究員

2007 年 早稲田大学 人間科学学術院 准教授

現 在 早稲田大学 人間科学学術院 教授

受賞歴:

多変量解析シンポジウム優秀事例賞(1997)

SAS User’s Group International Japan ポスター賞(2000)

日本感性工学会出版賞(2005 年)(『Excel で学ぶ共分散構造分析とグラフィカルモデリング』)

書誌情報