マンガでわかる電池

前表紙
株式会社 オーム社, 2012/03/23 - 200 ページ

 

マンガでわかるシリーズに、身近な「電池」がラインナップ! 

わが国はさまざまな種類の電池が普及しています。まさに電池王国といってもいいでしょう。携帯電話、停電時の非常用電源、コンピュータの電源、新幹線をはじめ電車、飛行機のように普段目に触れない分野でも大活躍しています。今では私たちの日常生活になくてはならない必需品となっています。とても身近な電池ですが、普段、電池の中身やしくみなど知ることはありません。手軽に使える電池も使い方を間違えれば寿命が短くなったり、発熱するなどの危険をともないます。逆に電池の特性を知り、上手に扱えば長持ちすることもできるのです。

本書は電池について興味を持っている読者のために、化学式の苦手な人でも理解できるようにやさしく解説しています。また次世代エネルギーとして広がりつつある物理電池も解説しています。


★このような方におすすめ高専(電気科・設備科)で学ぶ学生 電池製造関連業者の営業および新人 電池について興味のある方主要目次プロローグ 第1章 電池の基礎 第2章 一次電池 第3章 二次電池 第4章 燃料電池 第5章 物理電池 付録
 

レビュー - レビューを書く

レビューが見つかりませんでした。

目次

第1章電池の基礎
11
第2章一次電池
51
第3章二次電池
75
第4章燃料電池
111
第5章物理電池
131
エピローグ
167
付録
173
索引
188
著者紹介
192
奥付
193

多く使われている語句

書誌情報