その午後、巨匠たちは、

前表紙
河出書房新社, 2022 - 144 ページ
注釈に次ぐ注釈が、物語を駆動する―。町にふらりと現れて、空き家に棲み着いた、歳を取らない女・サイトウ。彼女が山の中に建てた神社が祀るのは、6人の巨匠画家―北斎、レンブラント、モネ、ダリ、ターナー、フリードリヒ。やがて町は、神様として現代に蘇った画家たちの描く絵画世界に染まっていくのだったが...。

他の版 - すべて表示

書誌情報