教育とは何?: 日本のエリートはニセモノか

前表紙
中央公論新社, 2017 - 188 ページ
この本には、日本の教育への厳しい指摘が満ち溢れています。トレーニング主義や階段を上がるように基礎から発展へと機械的に教えるステップアップ方式は、脳科学からも、それほど成果なく危険さえあるようです。高校入試や偏差値教育は害悪でしかないこと。子どもたちは、学ぶ意欲は萎え、自立力をなくしています。早急に一人一人の個性を大切にした世界基準の教育を目指していかなければなりません。

レビュー - レビューを書く

レビューが見つかりませんでした。

書誌情報