隷嬢管理棟 〜制服少女たちの搾乳隷属記〜, 第 1 巻

前表紙
株式会社パラダイム, 2021/06/30 - 256 ページ
0 レビュー
クチコミの確認は行っていません。しかし、Google では虚偽のクチコミをチェックし、虚偽のクチコミが見つかった場合は削除します
名門女学園で密かに行われていた令嬢調教。
その過程で不慮の妊娠により生を受けたのが加納正隆だった。
母親の体質によって母乳を与えられずに育った正隆は、母乳に飢え、いつしか自分で育成した女たちの母乳を飲みたいという野望を抱くようになる。
成人した彼は製薬メーカーに入社し、妊婦でなくても母乳が出る薬品を完成させた。
しかし不道徳なその薬は商品化されることなく、正隆は会社を辞め、再び学園へと戻ってきた。
そして現在は学生寮となっている元「令嬢管理棟」の管理人となり、無垢で巨乳な女子学生たちの信頼を得た正隆は、野望への第一歩を踏み出す。
彼女たちを調教し母乳牝奴隷とする「隷嬢管理棟」の支配者となるために……!

レビュー - レビューを書く

レビューが見つかりませんでした。

他の版 - すべて表示

書誌情報