巨乳女戦士・土下座催眠, 第 1 巻

前表紙
株式会社パラダイム, 2020/06/26 - 288 ページ
名もなき島、そこは世界中から闘技者として成り上がりたい戦士と、闘技者の戦いに金銭を賭けて楽しむ者たちが集まる島。
運営側の策謀によりデビュー戦で敗北して以来、最低ランクの闘技者として暮らしていたアウレイは、謎の神殿に迷い込んだのをきっかけに強大な力を手に入れた。
それは、強い意志で言葉を発すると、相手が言いなりになるという催眠の能力だった。
以後アウレイは、その力で対戦相手をセックスバトルへと持ち込み、連勝を重ねていく。
そして次の対戦相手は、因縁のデビュー戦で対戦した女戦士のステルラ。
ランク1位にまで登り詰め、アウレイとは対極に位置する最強の闘技者である彼女にも、催眠を仕掛けたアウレイは、その魅惑的な肉体を跪かせ、処女を散らすのだった…。

レビュー - レビューを書く

レビューが見つかりませんでした。

書誌情報