日本の詩歌: その骨組みと素肌

前表紙
岩波書店, 2005/12/16 - 216 ページ
コレージュ・ド・フランスでの日本古典詩歌に関する著者の全五回の講義はフランス読書界に知的刺激を与えた。本書はその講義録であり、詩人の感性と知性が詩歌の魅力と芸術性を引き出している。菅原道真、紀貫之と「勅撰和歌集」、女性歌人、叙景歌、中世歌謡を題材にした、日本の読者にとっても極めて示唆的な詩歌入門である。

レビュー - レビューを書く

レビューが見つかりませんでした。

他の版 - すべて表示

書誌情報