例題とExcel演習で学ぶ多変量解析 回帰分析・判別分析・コンジョイント分析 編

前表紙
株式会社 オーム社, 2016/11/30 - 424 ページ

 

分析手法を「目的変数(予測したい変数)がある場合」と「ない場合」に分け、それぞれの手法を更に丁寧に解説、本書は「予測」の解析に焦点を置いた! 

多変量解析を行う目的としては、大きく分けて「予測」と「要約」の2つがあります。本書では、「予測」の解析に焦点を当てて解説します。

本書では、主に重回帰分析、判別分析、正準判別分析、数量化I類((ダミー変数)重回帰分析)、拡張型数量化1類(重回帰の目的変数を予測する)、コンジョイント分析などの手法を扱います。

各手法の解説には身近で実践的な例題を豊富に設け、これについて計算・解釈の方法を、Excelと著者自ら作成したアドインソフトウェアを活用して詳細かつ実践的に説明していきます。


このような方におすすめ多変量解析の手法を手早くマスターしたい方 データをExcelにより効率的・実践的に分析したい方主要目次第1章 多変量解析を学ぶための基礎統計 第2章 多変量解析の概要 第3章 重回帰分析 第4章 数量化1類 第5章 拡張型数量化1類 第6章 判別分析 第7章 正準判別分析 第8章 コンジョイント分析 付録I ベクトルと行列 付録II 距離 付録III 本書で利用する Excel の分析ツール及び「 多変量解析ソフトウェア」
 

レビュー - レビューを書く

レビューが見つかりませんでした。

ページのサンプル

目次

第1章多変量解析を学ぶための基礎統計
1
第2章多変量解析の概要
55
第3章重回帰分析
63
第4章数量化1類
141
第5章拡張型数量化1類
189
第6章判別分析
227
第7章正準判別分析
271
第8章コンジョイント分析
317
付録I ベクトルと行列
351
付録II 距離
383
付録III 本書で利用するExcelの分析ツール及び多変量解析ソフトウェア
395
索引
408
著者略歴
412
奥付
413
著作権

多く使われている語句

書誌情報