Shakespeare's Romance of the Word, 第 10 巻

前表紙
Bucknell University Press, 1990 - 183 ページ
This work is a critical study of Pericles, Cymbeline, The Winter's Tale, and The Tempest, with a focus on Shakespeare's exploration of language in its destructive potentialities and its redemptive workings.

この書籍内から

レビュー - レビューを書く

レビューが見つかりませんでした。

目次

Acknowledgments
9
Cymbeline
41
The Winters Tale
74
The Tempest
109
Conclusion
141
Bibliography
170
著作権

他の版 - すべて表示

多く使われている語句

書誌情報