Poland and the European Union

前表紙
Karl Cordell
Routledge, 2002/09/11 - 224 ページ
This authoritative volume assesses how the recently democratised political system in Poland is adapting to the challenges posed by the country's desire to "rejoin Europe". Its excellent panel of highly respected Polish academics considers various issues not generally well-known to the English-speaking world, but of great importance in the light of Poland's impending entry into the European Union.
 

レビュー - レビューを書く

レビューが見つかりませんでした。

目次

セクション 13
セクション 14
セクション 15
セクション 16
セクション 17
セクション 18
セクション 19
セクション 20

セクション 9
セクション 10
セクション 11
セクション 12
セクション 21
セクション 22
セクション 23
セクション 24

他の版 - すべて表示

多く使われている語句

著者について (2002)

Karl Cordell is Senior Lecturer in Politics at the University of Plymouth. His previous publications include Ethnicity and Democratisation in the New Europe and The Politics of Ethnicity in Central Europe.

書誌情報