姫と穢欲のサクリファイス, 第 1 巻

前表紙
株式会社パラダイム, 2020/05/15 - 288 ページ
かつて戦争があった。
ソリデ国は独自の戦略で劣勢を覆し勝利したが、その裏ではある少年が「国のため」と、生命を悪魔に捧げられていた。
かくして戦後6年。突如現れた青年がソリデを襲い、これを掌握。国王の愛娘・フィアナを虜囚にすると、国民の面前で公開凌辱を始めるのだった。
「国王への復讐」を掲げるその男の名はカルド。人は彼を“悪魔憑き”と呼んだ――。

レビュー - レビューを書く

レビューが見つかりませんでした。

書誌情報