明智光秀―謀叛にあらず―

前表紙
学研パブリッシング, 2007/10/09
元亀二年九月、木下秀吉と京都奉行の任務に当たっていた明智光秀は、織田信長から比叡山焼討ちを命じられる。老若男女を問わぬ大虐殺を目にした光秀は、ある決意を胸に秘めた。それは十年の日々を経て、秀吉と千利休に伝えられ歴史を大きく動かすことに…

レビュー - レビューを書く

レビューが見つかりませんでした。

他の版 - すべて表示

書誌情報