検事の信義, 第 1 巻

前表紙
KADOKAWA, 2019/04/20 - 253 ページ
任官5年目の検事・佐方貞人は、認知症だった母親を殺害して逮捕された息子・昌平の裁判を担当することになった。昌平は介護疲れから犯行に及んだと自供、事件は解決するかに見えた。しかし佐方は、遺体発見から逮捕まで「空白の2時間」があることに疑問を抱く。独自に聞き取りを進めると、やがて見えてきたのは昌平の意外な素顔だった...。(「信義を守る」)

他の版 - すべて表示

書誌情報