Storia delle lacrime. Aspetti naturali e culturali del pianto

前表紙
Feltrinelli Editore, 2002 - 312 ページ
Il pianto è un fenomeno che accomuna tutti gli umani e li distingue dagli altri esseri, ma le lacrime possono avere molte diverse cause e altrettante possibili finalità. La filosofia e la medicina, la fisiologia e la psicologia, l'antropologia e la sociologia sono convocate in un saggio che offre un modello originale di confronto e di conversazione tra le discipline.
 

レビュー - レビューを書く

レビューが見つかりませんでした。

ページのサンプル

目次

セクション 1
9
セクション 2
11
セクション 3
21
セクション 4
47
セクション 5
53
セクション 6
92
セクション 7
124
セクション 8
164
セクション 9
169
セクション 10
192
セクション 11
215
セクション 12
239
セクション 13
247
セクション 14
263
セクション 15
265
著作権

多く使われている語句

この書籍への参照

書誌情報