最高に都合のいいパイズリ上手のマリーさん

前表紙
パラダイム, 2020 - 253 ページ
智哉は放課後、留学生のマリーさんに体育倉庫へと呼び出された。そこで会って早々、マリーさんから困惑の発言。「学園でいちばん大きい○○○の持ち主であるあなたに興味があります」―そして問答無用で押し倒され、屹立するソレをいじられまくる。さらに彼女はギブアンドテイクの名目で、智哉に自らの爆乳を揉ませて...。かくして始まったヒミツの国際交流。

レビュー - レビューを書く

レビューが見つかりませんでした。

他の版 - すべて表示

書誌情報