福沢諭吉の思想と近代化構想

前表紙
寺崎修
慶應義塾大学出版会, 2008 - 272 ページ
0 レビュー
クチコミの確認は行っていません。しかし、Google では虚偽のクチコミをチェックし、虚偽のクチコミが見つかった場合は削除します
現実政治への寄与と挫折
▼福沢諭吉は生涯を通じ、さまざまなかたちで政治との関わりを持ちつづけた。日本の近代化を先導しようとした彼の構想は、はたして実現したのか? 現実政治へのコミットと、その基盤となる思想とに焦点をあわせ、従来の研究が見落としてきた視角から〈政治家〉福沢の実像に迫る意欲的な論考7本を収載。

この書籍内から

レビュー - レビューを書く

レビューが見つかりませんでした。

多く使われている語句

書誌情報