最強師団の宿命: 昭和史の大河を往く

前表紙
每日新聞社, 2008/07/25 - 288 ページ
二〇三高地、ノモンハン、ガダルカナル、アッツ・キスカ...精鋭ゆえに常に最激戦地に投入された旭川第七師団の奮戦をモデルケースに、軍中央の場当たりな作戦指導、情報・補給の軽視、指導部と現場の齟齬など昭和陸軍の“失敗の本質”、日本型組織の致命的欠陥を具体例で検証。

他の版 - すべて表示

書誌情報