江戸の糞尿学

前表紙
作品社, 2016/02/15 - 285 ページ
0 レビュー
クチコミの確認は行っていません。しかし、Google では虚偽のクチコミをチェックし、虚偽のクチコミが見つかった場合は削除します
日本人にとって、“糞尿”は、産業であり、文化だった。世界で最も整っていた江戸の“糞尿システム”。裏長屋から、吉原、大奥までのトイレ事情、愛欲の場所だった便所、覗き、糞尿趣味...初の“大江戸スカトロジー”。秘蔵図版・多数収載!

レビュー - レビューを書く

レビューが見つかりませんでした。

書誌情報