Otello. Testo originale a fronte

前表紙
Feltrinelli Editore, 1996 - 301 ページ
Otello è per antonomasia la tragedia della gelosia. Vittima e carnefice, Otello si lascia schiavizzare da un sentimento travolgente e incontrollato che si traduce inevitabilmente in destino, in morte. Sullo sfondo fortemente contrastato di questo titanico scontro di passioni spicca l'innocenza amorosa della bella Desdemona, vittima sacrificale di un mondo che ha perduto il suo centro.
 

レビュー - レビューを書く

レビューが見つかりませんでした。

ページのサンプル

目次

セクション 1
4
セクション 2
56
セクション 3
81
セクション 4
104
セクション 5
154
セクション 6
170
セクション 7
224
セクション 8
275
セクション 9
279
セクション 10
283
セクション 11
287
セクション 12
295
セクション 13
297
著作権

多く使われている語句

書誌情報