彼女が異種族だった場合。〜教え子ヴァンパイアの甘トロ隷属調教〜, 第 1 巻

前表紙
株式会社パラダイム, 2018/09/11 - 256 ページ
0 レビュー
クチコミの確認は行っていません。しかし、Google では虚偽のクチコミをチェックし、虚偽のクチコミが見つかった場合は削除します
桂樹が担任する生徒、黒十字ミラはヴァンパイアだった。
可愛らしい容姿ながら、言動に有無を言わせないオーラをまとうミラの瞳が紅く輝くと、桂樹は逆らうことすらできなくなる。
気づけば桂樹はミラに吸血され、処女らしからぬ巧みなセックスに翻弄されてしまう。
その後もミラの厳しくも甘い責めを繰り返し受けるうち、桂樹は内なる被虐的な欲望に気づくのだった…。

レビュー - レビューを書く

レビューが見つかりませんでした。

書誌情報