ページの画像
PDF
ePub
[graphic]

高校を中退し、社会に飛び出した少年の、愛と冒険と別れを描いた長編小説。

さえき) かすみ

賞佐伯一麦

!

[ocr errors]

7

ボア

大江健三郎氏評 ......『ア・ルース・ボーイ』は現実 の手ごたえをしっかり感じとって いる十七歳の少年を描いている。 (中略)マンホール清掃の現場での 「ネズミ」と呼ばれる道具のおつか い方の記述など、これまでのわが 国の文学にかって見られなかった 健康な「新しい戦慄」ではあるま いか?」

ぼくは十七。教師にはルースという烙印を押 されたけれど、ルースには「自由な」「解き放 たれた」の意味もあるんだ。そのネガティー ヴな意味とポジティーヴな意味の岐路に、 いまぼくはたつーいま青春を生きている 心やさしい不良少年少女たちに、メッセージ を込めて贈る、さわやかな青春小説! ●発売中! 定価1100円

[graphic]

A Loose Boy

中上健次氏評

ふと天性の語り手であった太
宰治の持つ甘い柔らかい思存期初
期の感性と同じ物が漂っていると
感し、私はこの人は瑕瑾すら可能
性に変える魅力をそなえた作家だ
と気づいた......。

第四回三島由紀夫賞「選評」より

定価には消費税が含まれています

大自然のこころ、神の計画と生命の意味を知らされた。希望を失ってはならない いのち、

好評の既刊一 神 の

[blocks in formation]

計惑 微

志 福画愛 笑

1400 1350 1340 1340

共産国の暴動、湾岸戦争、環境破壊、自然災害――。大

神 の 自然の神は世界助けのためにどのように働いているのか。

人間 すべてに神の力が働いているこの世界で人間は何を求め

人間 の て思い迷うのか。神はいま太陽の光となって私に語り伝 える――すべての生命は喜び、感謝の歌をうたっている >7月10日発売」

待望の復刊/8月刊行 ......。九十五蔵を生きる著者の、書下ろし長編小説。 定価1400円 人間の運命全7巻セット

地主一家と、上京したフリーター。「故郷をなくした」人間がすれ違う一瞬。 。

雷山からの下山

伊井直行

>7月19日発売・定価1300円

丸山昭さんは幼いころ雷山を見ながら育ち、いまその頂上に住んで いる。現在、富山の一帯は「見晴しが丘」と呼ばれる住宅地である。 松本秋彦君は丸山さんの経営するヘリバティ見晴しが丘〉に住み、 会社を辞めて一年になる。今日は新しい仕事の入社試験の日......。 宅地化される都市郊外の光景と人間模様を、鮮かに描く長編小説。

士魂の音色 森村誠一

命じられるままに暗殺を重ねたも のの最後の土壇場で自己主張した 岡田以蔵。世の中のことを誰より も見通すことのできる乞食と桂小 五郎との不思議な出会い。日本に おける西洋菓子の原型を造り上げ た紅留吉に、意外な影響を与え た水倉新八。虚実を巧みにないま ぜにして、幕末史の裏面にひそむ 九つの秘話を描く短篇時代小説集。 ~7月9日発売・定価1400円

時代が叫びをあげる幕末、激動の歴史の 背後にうずまくいくつもの影。 その影を浮かびあがらせる九つの異譚。

"ポスト足利 を狙う好長慶、世逆軍団を率い私腹を肥す松永弾正、 波沙羅ぶりを発揮する信長.....武田父子が謙信が男躍する一五五 年の荒廃した京・大坂に若き太閤・日吉丸は何を見た? 妖術マラ タトウに翻弄されつつ将軍家姫君香具耶を略奪し、イスパニア人か ら鉄砲百挺を授かるのは誰?姫争奪戦に始まる戦国滑稽夢譚!

[ocr errors][merged small]

定価には消費税が含まれています

山田風太郎

一片の知識は、学習の成果ではない。学んだ ことの唯一の証しは、何かが変ることだ!

灰谷健次郎の本 わたしの出会った 子どもたち

>7月28日発売 定価1200円

1100

灰谷健次郎 林先生に 伝えたいこと

[blocks in formation]

1130

少女の器 いのちの小さな 声を聴け

1000

すべての子どもは、それぞれかけがえの ない個性をもち、能力をそなえている。 今日の教育の現場は、果してそれをさぐ りあて、引き出しているといえるだろう か。 不幸にも若くして罪を犯さざる をえなかった女性からの手紙を手がかり に、本当の教育とは何かを切々と問う、 感動の書下ろし教育論。

[graphic]

水上勉灰谷健次郎

友は少なく、敵は多く持てというのが、若いときからの私の信念であった。

[blocks in formation]

のんびりのびのびマンボウ氏、そのほうようとした日常に、時に情 怒の発作がおとずれます。ウヌッ、これだけは敢えて言っておきた

湾岸戦争など世界の動きから、近ごろの日本と日本人、あの 人この人のこと、そして身辺のあれこれまで。喜・怒・哀・楽を抑 制するばかりが美徳ではないと、ホンネでつづる最新エッセイ集。 「俺は日本の文化を生きているのだ」と、彼は口癖のようにいっていた

[blocks in formation]

彼を何と形容しようか。本当の目利き。美を生きた人。趣味の生活 を「思想」とした男。これからの日本には度と現れないであろう真 の趣味人。小林秀雄口く、「僕たちは秀才だが、あいつだけは天才 だ」。「青山学院」最後の生徒を自認する著者が、彼をめぐる昭和文 壇の巨匠たちの実像をまじえ、その師の真の姿を活写。

定価には消費税が含まれています

« 前へ次へ »