緑色の犯罪

前表紙
国書刊行会, 1994 - 340 ページ

レビュー - レビューを書く

緑色の犯罪(探偵クラブ)

ユーザー レビュー  - あさみちゃん - Booklog

登場人物のクラシカルな口調が新鮮です。ミステリー原点と言われるだけあって、これまで見たことのないトリックに出会えてこれまた新鮮でした。ここを出発点として今のオールラウンドなミステリーがあるかと思うと、感慨深いです。 レビュー全文を読む

緑色の犯罪(探偵クラブ)

ユーザー レビュー  - kiyosi - Booklog

『ニッケルの文鎮』 陸軍の機密に関する研究を行っていた教授の殺害事件。事件当夜教授に元を訪れていた高利貸しの清水の指紋のついた凶器のニッケル製の文鎮。教授の書生・内野、下村の推理。教授の研究を盗みだそうとした古田。巷を騒 ... レビュー全文を読む

書誌情報