顧客に愛される会社のソーシャル戦略

前表紙
株式会社 技術評論社, 2012/01/25 - 254 ページ
フェイスブック,ツイッター,ミクシィ......。台頭するソーシャルメディアは企業のマーケティング戦略にとってもはや無視できないものとなっている。そこで必要なのは,最新技術をいち早く導入することでも,派手な仕掛けで話題をよぶことでもない。ただひたすら「愚直に」「正直に」顧客と向き合うことである。つまりは,マス広告普及以前の「商売の王道」へと回帰することである。無印良品,ANA,東急ハンズなどへの取材を通じて見えてきた真実を,体制づくりや社内折衝,効果検証などの泥臭いノウハウをまじえながら詳説する。

この書籍内から

レビュー - レビューを書く

顧客に愛される会社のソーシャル戦略のMichiさんの感想・レビュー

ユーザー レビュー  - Michi - 読書メーター

ファンマーケティングの取り組み方について書かれた本。事例企業におけるソーシャルメディア活用を通して、各社のマーケティング戦略が読み解かれている。事例企業:@良品計画、AANA、B伊藤ハム、C東急ハンズ。 レビュー全文を読む

ページのサンプル

目次

第二部 日本の先進ブランドはファンとの絆をどう育んでいるのか
61
第三部 ファンマーケティングにどう取り組むか戦略立案から運用まで
125
第四部 ファンマーケティングの先に
211
おわりに
252
奥付
255
著作権

多く使われている語句

書誌情報